CI / VI 制作

dummy_040.jpg
| Home | Visual Identification |

Visual Identification

h_Gradation01.jpg

企業や商品ブランドのCI/VI制作、ロゴタイプやシンボルマークデザイン制作いたします。
コミュニケーションの核となりクリエイティブ全体の質を左右するこれらの業務を大切にしております。

ヒアリング
制作にあたってシンボルマークに込めるスピリット、コンセプト等のヒアリングするための時間を十分にいただきます。このことがより合目的で満足度の高いデザインを提供できる証です。
※ 当社ではネット上だけでの簡易な制作、お取引は行いません。
従って直接お伺いできない場合はご依頼いただけない場合がございますので、その場合はご相談ください。

制作スタッフ
企業から団体、飲食店等に至まで数多くのCI計画、ロゴデザイン制作に携わってきた当社のグラフィックデザイナーが、貴社(貴店)の魂をシンボルマークに表現します。

印刷・制作物まで対応
ロゴ制作後の印刷やウェブ制作まで一括してご依頼いただけますので、ロゴデザインで表現されたコンセプトやスピリットを各種制作物にダイレクトに反映できます。
より満足度の高い制作物が提供できます。


ロゴマーク

h_Gradation01.jpg

一般的にいわれる企業、店舗、団体のシンボルマークです。事業理念・コンセプト、創業・経歴、業種業態、中長期ビジョン、コーポレートカラー、等々の要素からイメージングして、それを事業のシンボルとしてアイデンティティを訴求するものです。
具体的取扱商品のデザインだったり、それを抽象的に表現したり、あるいは社名そのものの日本語英語をアレンジしたデザインだったり、スタイルは様々です。

ロゴタイプ

h_Gradation01.jpg

法人名、社名、店名、団体名の日本語書体或いは英語書体のことです。既存の書体そのもので社名を表したものもロゴタイプといえないわけではありませんが、通常はオリジナルデザインの社名書体を指します。
制作方法としては既存の書体をアレンジして制作していくものから、全くのオリジナルな作り込みデザイン書体があります。
前述のロゴマークと連動させたイメージやカラーを持たせることが一般的です。

ブランドロゴ

h_Gradation01.jpg

社名や店名等の正式なロゴとは別のシンボルマークや書体のことをいいます。例えば、商品のロゴやサービス名のロゴをさします。身近なケースでは、SONYのVAIOなどがこれにあたります。
SONYのパソコンというよりは、「VAIOシリーズ」としての方が認知度が高まったといえます。
大和ハウス工業の「ダイワハウス」ブランドなど住宅建築会社もよくこの手法を取り入れています。
広告戦略のひとつとして親しみやすいブランドイメージ訴求に活用されています。